エステで脱毛する時のポイント

エステで脱毛する時のポイント

  • TOP
  • 矢印 矢印 脱毛するためにきちんと体の毛穴や肌の仕組みを知ろう

脱毛するためにきちんと体の毛穴や肌の仕組みを知ろう

元々腕や足など、毛は体を守るために備わっているものです。処理だけに注目して慌ててしまうと皮膚トラブルの原因になりかねません。
きちんと毛の生え方、皮膚との関係を知ってみることで皮膚に負担のない脱毛を意識できるはずです。

. . .

体の皮膚、構造を知って無理のない脱毛を

記事イメージ

毛は体にとって、いろいろな役割を果たしています。汗の発生とともに体温を調整した体を保護しているなどがその一例です。また、毛にはにおいを拡散させるという役割もあります。これは従来生き物がにおいで個体を判別し、生存活動のために役立てていた時代のなごりです。現代社会ではにおいを拡散するというのは逆に困ってしまいますよね。皮膚に生えている毛を刺激したり、抜いたりする行為は毛穴を刺激することになります。
毛自体はメラニン、毛乳頭、毛母細胞で作られています。その下には神経が走っているので自力で毛を抜いてしまうと、痛みが伴うという仕組みです。
また毛穴を刺激してしまい、赤くはれたり色素沈着が起こったりなどのトラブルもおこります。皮膚の下に毛が生えてしまう埋もれ毛を作り出してしまうこともあります。毛穴を傷つけて毛を抜いてしまったために、毛穴がふさがり次の毛が生えてくる場所がなくなってしまうために起こる状態です。
きれいな肌になりたいのに黒くぼつぼつとなってしまうのは避けたいですよね。

まとめ

毛の処理で失敗しないためには前後のきちんとしたケア、正しい脱毛方法が大切です。肌を刺激してにきびを作ってしまうことや色素沈着を起こしてしまっては露出からどんどん遠ざかってしまいます。

. . . . .

こちらの記事もおすすめ